日時:2006年8月29日〜31日
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

入場無料
メインシンポジウム
公開講演会
進化学夏の学校
企業・団体の展示
参加申込必要
企画シンポジウム
公募式シンポジウム
ワークショップ
自由集会
ポスター発表
 
高校生ポスター発表
賛助企業一覧
Link
日本進化学会
2005年大会HP
2004年大会HP
2003年大会HP
2002年大会HP
2001年大会HP



2006年9月1日
 大会は全ての日程が無事終了しました。
  参加していただいた皆様、ありがとうございます。

 ポスター発表者の中から、以下の方々にポスター賞が贈られました
  受賞者の皆さん、おめでとうございます。
   審査員:河田雅圭、小林一三、颯田葉子、嶋田正和、舘田英典、
       矢原徹一、伊藤剛、今西規、窪川かおる、五條堀孝、
       斎藤成也、高野敏行、高橋文、舘野義男

   最優秀ポスター賞
   【P-101】ゲノムワイドなSNPデータを利用した毛髪の形態決定に
        関与する遺伝子の探索

     ○藤本明洋1、木村亮介1、大橋順1、徳永勝士1
     (1東大・医学部)

   優秀ポスター賞
   【P-17】サンゴ礁の栽培共生
       ―なわばり性スズメダイと糸状紅藻イトグサ―

      畑 啓生(京大・院理)
   【P-83】Sensory drive: 視覚の光環境への適応が引き起こす種の
       分化、形成の可能性

     ○寺井洋平1、宮城竜太郎1、溝入信治2、相原光人1、
      岡田典弘1,2(1東工大・院・生命理工、2基生研・種形成)
   【P-182】8-オキソグアニンはゲノム進化の原動力か?
     ○大野みずき1、三浦智史1,2、中別府雄作1
     (1九大・生医研・脳機能、2九大・院医・精神病態)

   優良ポスター賞
   【P-9】腸内共生細菌を変えると宿主昆虫の利用できるエサ植物が
       変わる

     ○細川貴弘1,2、菊池義智1、嶋田正和2、深津武馬1
     (1産総研・生物機能工学、2東大総合文化研究科)
   【P-44】不等毛藻Aurearenaとその近縁な藻類の系統
     ○甲斐厚1、中山剛2、井上勲2
     (1筑波大・院・生命環境、2筑波大・生命環境)
   【P-80】世界のベニシジミ類の分子系統と生物地理
     ○矢後勝也1、上島励1、三枝豊平2
     (1東大・院理・生物科学、2福岡市)
   【P-96】新世界ザル野生群における色覚多様性の適応的意義の
        検討

      河村正二1、平松千尋1、筒井登子1、印南秀樹2、
      Amanda D. Melin、Linda M. Fedigan3、
      Colleen M. Schaffner4、Filippo Aureli5
     (1東大・新領域、2総研大、3Univ. of Calgary、
      4Univ. of Chester、5Liverpool John Moores Univ.)
   【P-100】進化の2つの段階、多型と固定の負の相関から明らか
        になった適応進化

     ○五條堀淳1、Hua Tang2、Chung-I Wu2
     (1東大・院理、2Univ. of Chicago・Ecol. and Evol.)
   【P-136】真社会性アブラムシにおける兵隊攻撃毒プロテアーゼの
        分子進化学的研究

     ○沓掛磨也子1、二河成男2、Claude Rispe3, 柴尾晴信4、
      深津武馬1
     (1産総研・生物機能工学、2放送大・自然の理解、3仏INRA、
      4東大院・総合文化)
   【P-143】非分節プランによる頭部および脳の進化: 生きた化石
        オウムガイの胚発生と末端集中化型ドメインの形成

      滋野修一1、○佐々木猛智2、森滝丈也3、春日井隆4、
      阿形清和5
     (1シカゴ大・神経、2東大・博物館、3鳥羽水族館、
       4名古屋港水族館、5京大・院理)
   【P-169】人工進化によりボディプランの発生進化を研究する
      藤本仰一1,2、石原秀至3、金子邦彦1,2
     (1東大院総合文化、2ERATO Complex Systems Biology
      JST, 3基礎生物研)
   【P-212】高校生物「進化」の問題点と生物I移行に向けた単元構成
        の提案

      中井咲織(立命館宇治中学校・高等学校)

2006年8月28日
 Web から大会参加登録された方は、受付にて大会のプログラム・
  要旨集
名札をお渡しします。必ず受付にてお受け取りください。
 大会期間中の大会事務局への緊急連絡番号は 090-1729-8869
  です。

2006年8月17日
 Webによる大会参加申し込みは締め切りました。
  以降は当日に大会会場受付にて参加登録をしてください。
 Webから参加申し込みをされた方は8/18 ( 金 ) までに参加費をお振込
 みください。8/18 ( 金 ) を過ぎた場合には当日会場にてお支払いくだ
 さい。

2006年8月11日
 B会場 ( センター棟4階セミナーホール 417号室 ) で講演される皆様へ
 B会場はレーザーポインターが使えません。
 PCのマウスを使って指し示すようにお願い致します。

2006年8月11日
 Webによる大会参加申し込みは8月15日 ( 火 ) までです。
 Webから参加申し込みをされた方は8/18 ( 金 ) までに参加費をお振込
 みください。
 8/18 ( 金 ) を過ぎた場合には当日会場にてお支払いください。

2006年8月7日
 企業・団体の展示 を公開します。

2006年8月4日
 7月31日までに登録し、8月5日までに送金された方は、早期登録と
 します.

 2006年8月3日
 ポスター発表の一覧を公開しました。
 ポスター番号等は8月3日現在のものです。大会当日の要旨集での番号
 確認をお願いします。

2006年7月25日
 高校生ポスター発表の一覧を公開しました。

2006年7月24日
 ポスター発表の申込は締め切りました。

2006年7月20日
 大会宣伝ポスターを公開します。 ( PDFファイル )
 シンポジウム・ワークショップ・自由集会の要旨は7月31日 ( 月 )
 までに登録してください。 ( Web による
 変更も7月31日 ( 月 ) までです。


2006年7月18日
 ポスター発表の申し込み ( Webによる ) ,高校生ポスター発表の
 申し込み ( メールによる ) を7月21日 (金) 午後5時まで延長します。


2006年7月5日
 パネルディスカッション「進化学の将来を論じる」を企画しました
 8月31日 (木) 19:30〜21:30  場所 : カルチャー棟大ホール (A会場)

2006年6月28日
 託児所を追加しました。

2006年6月27日
 宿泊施設を更新しました。

2006年6月12日
 高校生ポスター発表 を更新しました。

2006年6月8日
 参加・ポスター発表申込を開始しました。
 注意事項を更新しました。

2006年6月1日
 大会日程・時間割企画シンポジウム公募式シンポジウム
 ワークショップ自由集会 進化学夏の学校を更新しました

2006年4月26日
 公開講演会を更新しました

2006年4月25日
 大会日程・時間割(案)を更新しました

2006年2月11日
 第1回プログラム委員会を開催しました

2006年1月5日
 大会ニュース 第1号
 大会日程・時間割(案)
 2006年実行委員会
   委員長:五條堀孝
   国立遺伝学研究所 生命情報・DDBJ研究センター  遺伝情報分析研究室
 2006年大会事務局
   国立遺伝学研究所

Society of Evolutionary Studies, Japan
August 29 - 31, 2006
Tokyo